ブログ

ローン審査と個人信用情報

ローン審査と個人信用情報

住宅ローン審査承認がNGだった理由ってなんだかわかりますか?

年数も頭金も問題ないのに、いったい銀行は何を審査で見ているのか?

それが個信ってやつです。

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

住宅ローン審査をする際には、借り入れ申し込み者の個人情報信用調査を確認する必要があります。個人情報信用調査とはいったい何なのか?銀行との関係性は?どういったことを見ているのか?

そこで今回は、「ローン審査と個人信用情報の関係」についてです。

 

個人情報信用調査とは?

個人情報信用調査とは、借入者本人の借入状況や支払い状況等を調査確認することです。通称は、個信調査と言われており銀行系やクレジットカード系等によって加盟する信用情報機関が異なり、審査する金融機関以外からの借入状況や支払い状況等を確認することが出来る。

日本では、下記の3つが個人情報信用機関と言われております。

  • 銀行系のKSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • クレジット・カードや貸金業系のCIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • 総合的な情報機関であるJICC(株式会社日本信用情報機構)

銀行やクレジット・カード会社はこうした情報機関に加盟していて、延滞などのトラブルが起こった時にその相手を報告(登録)しておくわけです。
加盟会員であれば、その情報は自由に見ることができます。

住宅ローン審査でのポイントは過去に記載した下記記事ご参考ください。

【住宅ローン審査のポイント】

銀行と保証会社の関係

住宅ローンの事前審査や本審査は、銀行に依頼された保証会社もしくは金融機関の審査部門が行います。

その保証会社はたいてい銀行の子会社です。

銀行で住宅ローンを組んだ後に売買後の登記簿謄本を見てみてください。

銀行から住宅ローンを組むと交友した不動産に抵当権が設定されますが、抵当権者欄には、銀行の保証会社名が登記事項証明書の乙区部分に記載されてあります。

銀行が審査する際に借入者自身をどうやって審査しているかというと先ほどの個人情報信用機関による情報開示です。
銀行にとってはあくまでも「お客様」ですから、ドライに客観的な事実を調査して判断するためにも、別機関の保証会社等に調べさせる方が都合が良いわけです。
保証会社は、あなたに住宅資金を融資しても大丈夫か(きちんと返してくれるか)という事を、あなたの「個人信用情報」(個信)を調べることによって判断します

1日でも支払い期日遅延したら履歴残る

個人情報信用機関による登録内容は、行やクレジット・カードの業務に関することだけで、例えばその人の犯罪歴とか思想などに関しては全く関与していません。

支払いの延滞などがあれば、とにかく「あった」という、その事実だけが登録されるだけです。

客観的な事実だけで判断されるわけですが、それは一旦登録されてしまったらどのような言い訳も通じない、ということでもあります。

一日でも遅延は遅延の履歴

一度や二度の「うっかり延滞」は大丈夫!?
住宅ローンを考えている人にとって気になるのが、それまでにやってしまった「延滞」でしょう。

入金しようと思っていたけど忙しくて銀行に行けずに、クレジットや公共料金の支払いに間に合わなかった、催促状が来た、というようなことは特に珍しい話ではありません。

金銭的に余裕がある人でさえ、時々あることです。

携帯のキャリアを変えて滞納履歴

過去に携帯電話のキャリアをソフトからドコモに変更して、ソフトバンクの本体代が滞納になっていて住宅ローン審査が通らなかったという方がいらっしゃいました。

借入等は全くなく年収と借入希望額も返済比率にも問題ない方でした。

ただ、ソフトバンクを契約しているときに本体代を毎月の料金支払いと一緒になったプランを契約していて引越しして携帯を変更してしまった際に請求書が届かなく未払いになってしまったというケースです。

どんな理由があっても滞納があれば「滞納あり」という履歴が個人情報信用機関の情報に残ります。

きちんと支払ってきたかの信用は全く考慮されず、たまたまやってしまったたった1回の延滞を、他の悪質に繰り返されている延滞と何ら区別なく「延滞」として登録されてしまったら、たまったものではありません。

実際、そこを心配する人は多いのです。
しかし現実的に保証会社は、1回か2回の延滞だけで「NO」というハンコを厳しく押してしまうようなことは、あまりありません。

問題なのは、申告していた情報と実際に調査した内容が違っていると調査する金融機関としては、この人は本当に信用できる人なのか?と疑問を残してしまうといいうことです。

ブラックリスト

ブラックリストというのは、実際にブラックリストという名称で存在しているわけではありません。

滞納履歴が残るとその情報は信用機関情報に残ります。その滞納した金額を

結局は支払うことが出来なくてなると保証人から回収します。保証人が代りに支払うので「代位弁済」と呼ばれます。

本人では本当に払えなかった、ということが明らかになるわけです。はっきりと示した条文はありませんが、世間でいういわゆる「ブラックリスト」(通常5~7年間はローンが組めない)の扱いになってしまいます。
「保証履行」とか「強制回収」といった状況も同様で、すべて「本人から回収できませんでした」という情報として登録されてしまします。これはアウトです。

俗にいうブラックリストになってしまうと、何をどうしようとも住宅ローンの審査は通りません。

一度登録された個人信用情報を変えてもらうことは、銀行や会社側の完全な間違いでない限り、かなり難しいことになってしまいます。返済能力があるにもかかわらず、それで苦労している人も少なくありません。

————————————————————————

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 資金計画のポイント
  2. 住宅ローン金利の変動要因
  3. 不動産売買契約のクーリングオフ適用可否
  4. フラット35の投資用に不正融資に関して
  5. 住宅ローン金利0.38%!?
  6. 自営業での住宅ローン
  7. ローン完済前の売却
  8. 繰上げ返済のポイント

オススメの記事

PAGE TOP