ブログ

配偶者が債務整理で

配偶者が債務整理者で住宅ローン

 

契約者ではなく、配偶者が債務整理者の場合
収入合算は難しいでしょうか?

 

【不動産コンサルティング解決】

こんにちは。
不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。


配偶者が債務整理になっているのは、どういった理由でしたでしょうか?

融資するら金融機関側の立場に仮になったとしたら債務整理になっている状況の方に融資するリスクがあります。

金融機関が融資審査する際に基本的に何を見てるかというと借入者の返済余力を見るわけです。

以上のことを勘案すると答えはわかったと思います。

そもそも何故、収入合算で借りようと思ったのですかね?

単独で借入する事は難しいということですか?

単独名義で借入出来ないから収入合算という考え方は間違っています。

 

 

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

関連記事

  1. 最新情報を得るには?
  2. 借地権とは
  3. 底地を売却したい
  4. 消費者契約法は不動産投資家は適用外
  5. 不動産向け貸出残高はバブル期越え
  6. 離婚で共有名義変更
  7. リビングが広い家
  8. 離婚に伴う家屋の名義変更

代表者の出版書籍

オススメの記事

PAGE TOP