ブログ

親から資金援助で住宅購入注意ポイント

親から資金援助で住宅購入注意ポイント

マイホーム購入する際に親から資金援助を受けるという方もいらっしゃると思います。

親から資金援助を受けてマイホームを購入するのに税金の特例がありますが、申告によって特例を受けられるのであって申告しなければ贈与税があせられます。こういった特例は知っているか知らないかで節税につながります。

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

今回は、「親から資金援助で住宅購入時の注意ポイント」についてです。

以前にも資金贈与等での住宅購入での特例井ついて記事を記載しておりますので参考になさってください。

【親からの資金援助で住宅購入】

【住宅資金贈与非課税】

 

申告が必要な制度です

「住宅取得等資金の贈与税の非課税」制度。
こちらの制度は、親から資金援助をしてもらう前提で住宅購入を考えている方は、かなり重要な制度といえます。

但し、納税者に有利な制度にはそれ相応の条件付であるのが税務上の常であり、この制度の恩恵を受けるためには注意が必要です。

この制度を受けるには、様々の要件があります。
その要件は人任せにすることなく、購入前に必ず自分でも確認しておきましょう!

また、こちらの制度は、申告期限については厳しい制度です。
3月15日、申告期限をぼんやりやり過ごせば、「恩恵」が一転「悪夢」になってしまいます。この制度をご利用になる方は「住宅取得等資金贈与の特例の適用を受ける旨の贈与税の申告書」を抜かりなく確実に期限までに提出しましょう。
(非課税で贈与税を納める必要が無くても申告が必要です。)

制度概要

平成27年1月1日から令和3年12月31日までの間に
父母や祖父母などの直系尊属からの贈与により、自己の居住の用に供する住宅用家屋の新築、取得 または増改築等の対価に充てるための金銭(以下「住宅取得等資金」という)を取得した場合において、
一定の要件を満たすときは、700万円(平成32年3月31日まで)までの金額について贈与税が非課税となる制度です。
(省エネ等住宅の場合は、1200万円まで)

受贈者の要件

次の要件の全てを満たす受贈者が非課税の特例の対象となります。

⑴ 次のいずれかに該当する者であること。
① 贈与を受けた時に日本国内に住所を有すること。
② 贈与を受けた時に日本国内に住所を有しな いものの日本国籍を有し、かつ、受贈者又は 贈与者がその贈与前5年以内に日本国内に住所を有したことがあること。
③ 贈与を受けた時に日本国内に住所も日本国籍も有しないが、贈与者が日本国内に住所を有している。
⑵ 贈与を受けた時に贈与者の直系卑属であること。
⑶ 贈与を受けた年の1月1日において20歳以上であること。
⑷ 贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万円以下であること。

住宅資金の範囲

住宅取得等資金とは、受贈者が自己の居住の用に供する家屋を新築等の対価に充てるための金銭をいいます。(土地や建物の贈与では使えません。)

これらの居住用家屋の新築等には、次のものも含まれます。
① その家屋の新築等とともにするその家屋の敷地の用に供される土地等の取得
② 住宅用の家屋の新築に先行してするその敷地の用に供される土地や借地権などの取得(敷地を先行取得した場合です。)

住宅用家屋の新築等の対価について、新築の場合は新築工事の請負代金の額、取得の場合は 売買代金の額と解されます。

居住用の建物の増改築等をする場合は、
その要件を満たしている必要があるため下記内容ご確認下さい。

居住用家屋及びその増改築等の要件

住宅取得等資金に係る贈与税の非課税特例の適用対象となる住宅用家屋及び増改築は次のような ものとされています。適用対象となる住宅用家屋の床面積については240㎡以下とされています。

① 増改築等の工事に要した費用が100万円以上であること。
なお居住用部分の工事費が全体の工事費の2分の1以上でなければなりません。
② 増改築等後の家屋の床面積の2分の1以上に相当する部分が専ら居住の用に供されること。
③ 増改築等後の家屋の登記簿上の床面積が50㎡以上240㎡以下であること。
④ 増改築等に係る工事が、一定の工事に該当することについて、「確認済証の写し」「検査済証の写し」又は「増改築等工事証明書」などの書類により証明されたものであること。

その他の事項

贈与を受けた金銭を住宅ローンなどの借入金返済に充てた場合

金融機関等から融資を受けて住宅を新築等し、その後に直系尊属から贈与を受けた金銭で住宅 ローンを返済したというような場合には、単に 住宅ローンの返済資金としての贈与に過ぎず、 住宅取得資金の贈与には該当しませんので注意が必要。この特例は住宅を新築等するための資金の贈与に限られますので、住宅ローンを返済するための金銭の贈与を受けた場合には非課税の特例の対象外となります。

自己資金で新築等の対価支払い

同様に、自己資金で新築等の対価を支払い、後に贈与を受けた場合も特例の対象となりませんのでご注意ください。

中古の不動産を売買した場合で、引渡しを受けた直後にその建物のリフォームをする費用については要注意

住宅の引き渡しを受けて、一度住んでからのリフォームであればという事になります。引渡しを受けて、一度も住まずそのまま工事着工した場合は、「住宅取得資金の贈与税の非課税」として適用できないことになりますのでお気を付けください。
一般的には、いつお住まいになったかどうかの書面上の判断は、「住民票の移転」の時期といえそうです。

印紙、登記費用諸費用・仲介手数料・不動産取得税等の諸費用

印紙や、登記費用諸費用・仲介手数料・不動産取得税等といった諸費用は、
住宅用家屋の取得に要した費用ですが、新築等の対価又は増改築等の費用に充てられたものとはいえません。つまり、住宅取得資金に当たらないという事になります。

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 相続順位と法定相続分
  2. 壁芯面積と内法面積
  3. セットバックによる減税申請
  4. 登記面積と評価証明書面積は違う
  5. 内縁者の居住不動産
  6. 住宅ローン控除は確定申告
  7. 叔母名義の家を両親が居住
  8. 老朽化建物の査定

オススメの記事

PAGE TOP