ブログ

田舎の一戸建ての相続

【質問】

9か月前に田舎の実母が死去し、私しか子供がいないため預金、不動産を相続しました。

現在私は夫と千葉に住んでおりこの古い岐阜県の田舎の一戸建てのに関して頭を悩ませています。電車など通ってなく車必須の戸建てで、中はオール電化や所々、リフォームしてあるので安い価格で売りに出しておりますが一向に売れる気配がなく、地元の不動産に管理費や固定資産税などがかかる状態です。

預金額は300万弱でしたが、あの時放棄しておけばよかったのかなと今更思っています。

自分達は岐阜に移住する選択は全くないのでこの場合どのような策がありますでしょうか。地元の不動産は今、古民家を探している人も多いからもう少し様子を見たらと言いますが、傷んでる箇所も多くリフォームしなければ買い手は現れないのではと感じています。ちなみに築62年です。 

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

古民家の場合、普通の売出し方をしても売れないと思います。普通に売却しているのであれば購入需要者が古家付の土地だから建物解体費もかかるとう見方をしてしまいます。 

古民家での買手需要は確かにありますが、そういう方にアプローチする売方しなければ売れません。 

ご相談者様自ら出来る行動としては各自治体が運営している空家バンクに登録されてみてはいかがでしょうか? 

地元不動産会社に管理費用を支払っているのは、除草や清掃等の維持管理が必要という事でしたか?そういった物件の場合は地元不動産会社と仲良くしておかなければならないのですが、事情等も説明したうえで他の不動産会社に売却依頼することも検討されてみてはいかがでしょうか?依頼していた地元不動産会社に気分を悪くされては困ると思いますので、管理費は継続で支払う事を約束しつつ他社にも売却を依頼することを了承得てみてはいかがでしょうか?依頼する不動産会社によって購入者層のターゲットが違うためです。投資用として古民家を購入する方や田舎暮らしにあこがれて古民家を購入する方もいるわけです。 

ご相談者様の古民家は、ある程度リフォームされているとのことですので、その分のリフォーム費用は抑えられると思うので買手需要はあると思います。 

 

 株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 不動産の面白いところ
  2. 実家の借地権の処分
  3. 老朽化建物の査定
  4. 内縁者の居住不動産
  5. 叔母名義の家を両親が居住
  6. 相続放棄 について
  7. 借地の歴史を知ればトラブルの原因が見えてくる?!
  8. 借地権割合とは

オススメの記事

PAGE TOP