ブログ

投資用マンション

【質問】

日本の人口が減少していく先々、投資用マンションの購入は果たして、有効な資産運用の手段に成り得るのだろうか? 

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

投資ですのでリスクはつきものです。

基本的な事は、絶対儲かるとか絶対安全とか言う資産運用はないということです。 

 

有効な資産運用先かどうかは、株であろうと不動産であろうと投資対象がどうかと言うことです。

 

例えば、

株取引されて言う方は、投資する銘柄がどういう銘柄で株価の値動きがどういう動きしているか調べて投資対象として有効かどうか判断されていると思います。 

 

不動産投資も購入しようとしている物件が賃料収入が見込めるか投資した元金回収が見込めるか判断して不動産投資しております。 

不動産投資が有効な資産運用かどうかの判断は、投資する物件によってという事です。 

 

ご質問者様の投資用マンションというマンション投資に限定されたような感じに受け止めてしまい、私の思い込みかもしれませんが、ご質問者は投資用不動産会社から電話営業かDMを受け取って不動産投資に心を動かされているという感じですか? 

 

仮にそうだとしたら、投資の世界で決して何も分からず人任せにして上手く行った話を聞いたことがないです。

(たまたま運良く儲かった程度の話はあるかもしれませんが) 

 

不動産投資されている方は、目先の家賃収入だけでなく長期的にも運用していくうえでのリスク考えながら判断されております。

築年数が経過していくと建物全体での修繕が必要になってきます。

 

特にマンションの場合、投資用に限った話ではなく(住まい用途して購入しても)、毎月支払っていた修繕積立金では、工事がまかなえなかったら持出し金や借入が必要になってきます。

また、毎月の管理費や修繕積立金もいつまでも同じとはかぎらないのです。そういう点も考えながら判断しないと、当初考えていた支払いサイクルと全く違うことになりかねないのです。 

 

最後にご相談者様のおっしゃっている物件の投資用マンションと言うのが新築マンションであったとしたら、 

新築で購入した価格と仮に中古で売却した時の売れる値段の乖離は大きいと言う事を認識しておいた方がいいかも知れません。 

 

仮に新築で購入して中古で売却した時に購入した時の金額と売却した時の金額の差額が家賃収入で何年運用して回収できるかもシュミレーションしておいたほうがいいかもしれません。

仮に長期保有し続けなければならないとなると、それだけリスクあるという事とあまり良い投資とは言えないです。 

 

不動産投資と言ってもマンションやアパートに限らず様々な物件の運用や持ち方があります。

間違っても人から言われて儲かるから投資したり、全く分からないで人任せに投資する事はやらないほうが良いですよね。 

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. マンション購入のローンについて
  2. フラット35の投資用に不正融資に関して
  3. 内縁者の居住不動産
  4. どうすれば高く売れる?
  5. 契約後のキャンセル
  6. 借金に関しての相続対策
  7. 不動産の今後
  8. 不動産価格の値下がりが心配

マンションデータベース


PAGE TOP