ブログ

建売か?注文住宅か?

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「建売か?注文住宅か?」についてです。

 

戸建マイホームを検討しようとしたときに建売か?注文住宅か?良い面と悪い面もありどちらがいいか迷われる方がいたら参考までご確認ください。

 

 

建売と注文住宅の違い

一戸建の新築には「注文住宅」と「建売住宅」に分けられます。

建売住宅と注文住宅の違いは何か?


注文住宅は建物を建築士に設計してもらい、施工会社と建築工事請負契約を結んで建ててもらう方法のことをいいます。

建売住宅は住宅の売主と売買契約を結んで土地付き建物を買う方法です。

土地の購入には何もない更地場合、既存建物付きの土地の場合、まだ更地だが建築条件付き土地の場合とあります。

 

 

建築条件付き土地とは、
土地の売主が指定する施工会社と一定期間内に建築工事請負契約を結ぶことを条件に、土地を販売する方法のこと。

土地を売ってから建物を建てるので「売建(うりたて)住宅」とも呼ばれたりします。

期間内に請負契約が結べなければ土地の売買契約も白紙に戻され、支払った手付金などは戻ってくる。

形式としては注文住宅ですが、あらかじめ建物のプランがつくられていて自由に設計できる余地がほとんどないケースもあるようです。

じっくりとプランを練るには3ヵ月程度の期間を考えておいた方がよいかも知れません。

 

 

メリット・デメリット

【建売住宅のメリット・デメリット】

立地が良い物件も出やすい

建売住宅は注文住宅と比べて、少ない予算で家を手に入れる事ができます。

すでに家が建っているので中が見られるけども、家が完成しているので間取りの変更はできない。

建売住宅で多いのがコンセントが変な位置についているとか、家具が収まらないという住んでからの不便さです。

 

【注文住宅のメリット・デメリット】

間取りが自由に家を建てることができる

建売住宅よりも高くなりますが自分でお金をかけるところとかけないところを選択できる。

自分で土地を見つけないといけない

その他入居時期に時間がかかる。

 

 

住宅ローンを組む際の注意点としては、

注文住宅の場合は、土地の購入が先行するためにつなぎ融資が必要となることです。

住宅ローンとは、居住住まいにローンのため土地そのものには住宅ローンではないのです。

どうしても土地購入が先行してしまうため、建物建築できるのは、土地決済が終わってからです。

そうなると建物完成まで土地のローン支払いと現在の住まいの賃料のダブルの負担がかかってくるということになります。

土地をすでに所有されていたりつなぎ融資での支払い余力があればもんだいないです。

 

それに対して、建売住宅は、注文住宅に比べ仕様等が劣ってしまう場合もありますが建物完成と同時引渡しで住宅ローンの支払いが始まるので、ローンと賃料のダブルの支払い負担がかかるということはないです。

 

それぞれどれが良い悪いとかではなく、総合的に選択していいのはどちらかということを決めることだと思います。決して、無理に購入というのh良くないことです。

 

 

 

 

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 未利用地の売却
  2. ローン残しての売却
  3. 築古物件でローン控除適用方法
  4. 借地権は売却できます!!
  5. コロナ禍の不動産影響
  6. 信義誠実の原則
  7. 注文住宅での諸費用等
  8. 不動産向け貸出残高はバブル期越え

オススメの記事

PAGE TOP