ブログ

合意更新とは

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「合意更新」についてです。

借地権は契約期間が満了しても建物が借地上に残っていれば原則的に更新されます。

[借地権更新の3つのパターン]

1更新請求による更新

2合意更新

3法定更新

 

 

借地権の更新3つのパターンのうちのひとつ

合意更新とは何か?

 

合意更新とは、借地契約に限ったことではないが賃貸借契約でも

契約期間がきたときに借主および貸主の双方で条件等を合意して更新する契約のこと。

借主および借主で合意の上で当初の契約を変更した内容の合意更新を締結するのは自由であるが

借家人に不利になる契約内容は無効になります。

 

 

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

 

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

関連記事

  1. 改修工事とインスペクション
  2. 底地を売却したい
  3. 建物基礎の種類
  4. 借地権割合は実際の価値とは違う!!
  5. 法定更新とは
  6. 不動産価格推移指数【過去10年間】
  7. 抵当権設定承諾書とは
  8. 旧法借地権の更新後は新法が適用になる!?

オススメの記事

PAGE TOP