ブログ

価格の妥当性をAIがチェック

AIによる価格の妥当性チェック

無料で利用できる便利なツールです。

今回は、当社が導入をしております「セルフィンの便利な利用方法」について説明いたします。

 

住宅購入で関心が高いのが物件の価格です。

高値づかみをしたくないのが心情ですが、物販と違って価格の妥当性を判断するのはプロの事業者でも難しいことです。

そこで無料ツールのSelFinを使って誰でも簡単に物件価格の妥当性を判断する方法をご紹介いたします。

ぜひご活用ください。

 

収益還元法で利用価値判断

インターネット技術を利用して不動産価格の妥当性を判定できることを謳っているサイトもありますが、そのほとんどがインターネット上に点在する不動産広告情報を自動的に収集・分析するもので、システムの都合上、不動産の鑑定方法としては取引事例法に近い判定方法を用いているサイトが多いです。
この無料ツールSelFinでは価格の妥当性を収益還元法で算出しています。

不動産の価値は「利用価値」という側面を持つからです。

収益還元法は物件の賃料や利回りから不動産の価値を判断する方法で、資産価値が下がりにくい住宅購入には欠かせない検討です。

また、初期段階でたくさんの物件情報を閲覧する際には、希望するエリアや指定した条件の「相場観」がわかるので特にご活用いただけます。

まずは収益還元法でエリアや物件を絞り、気に入った物件が出てきたらプロに依頼して取引事例法で確認するという流れがお勧めです。

全国共通のアルゴリズムで判定

SelFinは複雑なアルゴリズムで価格の妥当性を判定しています。

駅からの距離、マンションの規模や階数、築年数など不動産の価格は様々な要素で変動します。

SelFinの大きな特徴は、全国どの物件でも共通の計算方法を用いているという点です。

地域性を考慮して計算方法そのものを変えてしまうと、公平な価格判断ができず、物件の利用価値を俯瞰して判断することができないからです。

地域で有名なプレミアムマンションや、再販事業者によるリノベーション済みマンションなどをSelFinで調査すると、物件価格が高すぎると判定されることがあります。

プレミアは利用価値には反映されず、リノベーション済み物件は事業者の利益分高く販売されているということがわかります。

セルフィンで出来ること

セルフィンのご利用は無料です。

誰でも簡単に価格の妥当性を判断することができるようになります。

何物件か調査していくうちに、物件価格の考え方が変わってくると思います。ローンが組める金額や毎月の返済額で選ぶのが住宅購入ではありません。

「売ったらいくら」「貸したらいくら」将来的なリセールバリューを考慮して検討するのが本当の住宅購入のあり方です。

セルフィンで出来ること】

  1. 価格の妥当性を判定
  2. 対象不動産の流動性を判定
  3. 立地による資産性を判定
  4. 住宅ローン減税の対象か否かを判定
  5. 建築年から耐震性を判定
  6. 管理状況の良し悪しを判定(マンション)
  7. 土地の資産性について判定(戸建て)

セルフィンの利用は無料です。

【セルフィン】

(株)ユー不動産コンサルタントでは資産価値が下がりにくい住宅購入のお手伝いを行っています。

まずはSelFinをご利用いただき、気になった物件が出てきたらお気軽にご相談ください。

何故セルフィンを利用するのか?

何故セルフィンを利用するのか?

例えば住宅ローン減税。せっかく享受できる減税制度なのだから活用したいものです。

住宅ローン減税には「築後年数要件」というものがあります。

マンションなど耐火構造は築25年以内、木造一戸建てなど非耐火構造は築20年以内でないと住宅ローン減税の対象になりません。

しかし、この築後年数要件を緩和する方法があります。

「耐震基準適合証明書の取得」もしくは「既存住宅売買かし保険の付保」で、築何年でも住宅ローン減税の恩恵を享受することができるようになります。

しかし、この情報を不動産事業者が正確に伝えてくれないため、確定申告の時期に住宅ローン減税の申請に行ったら、築後年数要件を満たしていないので住宅ローン減税の対象外と言われる。

こんな不幸な消費者を本当にたくさん見てきました。

プロがちゃんと伝えてくれないのであれば、自衛できる手段はないか?

それがセルフィンを利用する理由です。

セルフィンは、人口動態や人口予測等公的なデータをはじめ、各方面からリリースされているオープンデータ、機械学習を繰り返し、平均像とのかい離の程度を計算し、独自のアルゴリズムに基づいて判定するものです。

使用データなどについては、常に最新のデータに随時更新していきます。

オリジナルのデータ収集などにも努め、独自の情報収集も進めていきます。

またアルゴリズムについても、なるべく現状に近い判定ができるよう、常に改良を進めていきます。

セルフィンは、価格を保証したり、全てのリスクに対してエラーを発信するものではありません。一般消費者の方でも、およその判断やエラー気に気付くことができるように工夫されています。住宅購入時や所有中の物件の参考資料としてお役立てください。

建物状況を正確に判定されたい場合、当社仲介では、建物インスペクションを無料で実施しておりますのでお気軽にお問合せください。

お住いの売買でご相談はお気軽にお問合せください。

お問合せ

セルフィンのメリット

セルフィンは無料で利用出来て様々なり利用メリットがあります。

不動産の資産価値やリスクをAI(人工知能)が瞬時に判定

不動産事業者は良い情報ばかり伝え、悪い情報を正確に伝える事業者が少ないと思います。
​セルフィンは、ビックデータやオープンデータをベースに機械学習を繰り返し、不動産の最適価格やリスクなどを瞬時に判断します。

その不動産は将来売却可能であるか?
不動産の資産価値を情報開示

「終の棲家」だと思うと、多くの人が、購入時に売却のことを考えなくなります。

売却のことを考えると「他人にとってこの家はどうか?」という視点が生まれます。自己都合だけの住宅は、次の買い手が見つけにくいものです。

将来売らなくてもいいのです。売りたくなったら「いつでも売れる家」住宅が、人生の選択肢を増やすと思うのです。

 

「消滅都市」その街に不動産を買って良いのでしょうか?

私にとって100点の家は、他人にとっては0点。
誰にとっても70点の家のほうが換金性も高く、資産価値を維持しやすくなります。
売れない500万円の団地に1500万円かけて、カフェ風にリノベーションして、売れなかったら、売れない家に住宅ローンを返し続けることに。

​「立地適正化計画」をご存知ですか?

​国は「これからも住む街」と「そうでない街」の線引きを進めています。

線引きされ、病院もショッピングセンターも無くなった街に、70歳を過ぎてもカフェ風の家って?

私達は売却を考えた住宅購入をお勧めします。

セルフィンの利用は無料です。

【セルフィン】

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 固都税滞納で売却
  2. 不動産売買契約のクーリングオフ適用可否
  3. 借地権とは
  4. 住宅ローン完済後の抵当権
  5. 耐震構造の種類
  6. 契約期間満了後の借地権は地主に返還される!?
  7. 登記記載されていることを過信するな!
  8. 地盤改良工事と土地探し

オススメの記事

PAGE TOP