ブログ

K%(Loan constant)ローンコンスタント

K%(Loan constant)

K% = 年間返済額(ADS) ÷ ローン残高(LB) × 100

融資をしてレバレッジをかけて投資するべきかどうかの判断基準で利用している指標です。
年間返済額は金利と借入期間によって違いますので、
当然K%も左右されるということです。

<レバレッジ判定>
CCR(自己資本比率) > FCR(NOI利回り) > K%

上記の判定式に当てはまればレバレッジは正に聞いているということ。
レバレッジが大きければ大きいほど、自己資金を少なくリターンを大きくすることができるが
リスクも大きくなるということです。

株式会社ユー不動産コンサルタント
脇保雄麻
03-5830-3767

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 宅地建物取引士の役割
  2. 不動産価格推移指数【過去10年間】
  3. 定期借家契約のメリットとデメリット
  4. 法定更新とは
  5. 不動産取得税の計算
  6. 強行規定と任意規定とは
  7. みなし譲渡課税(相続資産の限定承認)
  8. 登記には対抗力はあるが、公信力はない!!
PAGE TOP