ブログ

K%(Loan constant)ローンコンスタント

K%(Loan constant)

K% = 年間返済額(ADS) ÷ ローン残高(LB) × 100

融資をしてレバレッジをかけて投資するべきかどうかの判断基準で利用している指標です。
年間返済額は金利と借入期間によって違いますので、
当然K%も左右されるということです。

<レバレッジ判定>
CCR(自己資本比率) > FCR(NOI利回り) > K%

上記の判定式に当てはまればレバレッジは正に聞いているということ。
レバレッジが大きければ大きいほど、自己資金を少なくリターンを大きくすることができるが
リスクも大きくなるということです。

株式会社ユー不動産コンサルタント
脇保雄麻
03-5830-3767

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 抵当権設定承諾書とは
  2. 登記が無くても対抗できる第三者とは?
  3. 基準地価とは
  4. 不動産売買仲介の媒介契約種類
  5. 賃貸物の修繕義務【民法606条】
  6. 再建築不可の注意ポイント
  7. 不動産売買仲介手数料計算式
  8. 制限行為能力者とは
PAGE TOP