ブログ

K%(Loan constant)ローンコンスタント

K%(Loan constant)ローンコンスタント

不動産投資の指標の一つK%ローンコンスタンスとは?

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「投資指標のローンコンスタント」についてです。

K%(Loan constant)

K% = 年間返済額(ADS) ÷ ローン残高(LB) × 100

融資をしてレバレッジをかけて投資するべきかどうかの判断基準で利用している指標です。
年間返済額は金利と借入期間によって違いますので、
当然K%も左右されるということです。

<レバレッジ判定>
CCR(自己資本比率) > FCR(NOI利回り) > K%

上記の判定式に当てはまればレバレッジは正に聞いているということ。
レバレッジが大きければ大きいほど、自己資金を少なくリターンを大きくすることができるが
リスクも大きくなるということです。

株式会社ユー不動産コンサルタント
脇保雄麻
03-5830-3767

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

関連記事

  1. 不動産価格推移指数【過去10年間】
  2. 住宅ローン金利の変動要因とは
  3. 不動産業界で働く思い、、、、
  4. 平均年収から見る不動産価格
  5. 偽造印鑑で移転登記
  6. 不動産向け貸出残高はバブル期越え
  7. フラット35の投資用に不正融資に関して
  8. 不動産取引の調査

代表者の出版書籍

オススメの記事

PAGE TOP