ブログ

解除/解約

解除/解約

解除?解約?どっちが正しい言い方なの?

契約の解除にしろ契約を解約するとも、どちらも使う言葉ですが、荘違いって何なのか?

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は「解除と解約」の用語に関してです。

 

契約解除と契約解約の違い

解除や解約は契約当事者のどちらかが意思表示により契約自体を消滅すること。

解除も解約も契約自体がなくなる事には変わりはありませんが、その違いを確認です。

 

解約

解約は意思表示をした将来に向かって契約を消滅するということ。

例えば、

賃貸借契約で契約期間中に退去する場合は、契約の解約という言葉を使ってます。

 

解除

解除は最初から契約がなかったこととすること。

例えば賃貸借契約期間中で途中で退去する場合は、解約という言葉を利用しますね。

例えば、

売買契約において住宅ローンの本承認が下りなかった場合には、ローン特約による契約解除という言葉を使います。

 

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    問い合わせ内容

    関連記事

    1. ライフプランを考えて住宅ローンを組む
    2. 宅建業免許が必要な不動産取引
    3. 登記には対抗力はあるが、公信力はない!!
    4. 不動産が負動産になる
    5. 偽造印鑑で移転登記
    6. 離婚でローン借換出来ない場合
    7. 住宅ローン審査のポイント
    8. 価格の妥当性をAIがチェック

    代表者の出版書籍

    オススメの記事

    PAGE TOP