ブログ

畳サイズ関東と関西の違い

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「畳のサイズ」についてです。

関西と関東では畳のサイズが違うことを知っていましたか?

関西から関東に引っ越してタンスが配置できないなんてことも。

4種類の畳サイズ

通常間取り図などで〇畳もしくは〇帖と記載されていたら、畳何枚分と想像する事が多いかと思います。

また、6畳の畳が敷いてあった場合は、6畳分の広さがあると思いますよね?

実際は、畳にも種類があり、必ずしも6畳分の広さがあるとは限らないようです。

畳にはサイズの企画があり、それぞれ下記のような寸法になっております。

京間(本間) 6尺3寸×3尺1寸5分 1,910mm×955mm 京都中心
中京間 中京間 1,820mm×910mm 名古屋中心
江戸間 5尺8寸×2尺9寸 1,760mm×880mm 東京中心
団地間 5尺6寸×2尺8寸 1,700mm×850mm 集合住宅

京間と団地間で6畳の平米数を計算すると、京間は10.9443㎡、団地間は8.67㎡となり2.2743㎡異なることになります。

1帖以上の差が出てしまう事になりますね。

ですが、一般的に普及している畳のサイズは、中京間の「910㎜×1,820㎜」でこれに基づいて1.64㎡、端数を切って「900㎜×1,800㎜」で算出した1.62㎡が通常使われている1帖の数字と言われております。

ですので、地域などで多少異なりますが、内見の際には何㎡なのか?などとは、あまり気になさらなくても大丈夫なようです。

また、洋室の場合も平米数から算出して何帖と表記しているので、一般的な広さには変わりはないと思います。

最近では洋室のお部屋が増えてきておりますが、日本人は畳のお部屋にホッとされる方も多いのではないでしょうか。

内見の際にはこういった豆知識を踏まえてチェックしてみる事もおすすめします。

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 不動産売買契約のクーリングオフ適用可否
  2. 不法行為責任と債務不履行
  3. 所有者不明の土地はどのくらい?
  4. 調停と訴訟の違いとは?
  5. 防音対策でトラブルを防ぐ
  6. 不動産の今後
  7. ドローン所有者の登録義務付け
  8. 離婚で名義変更

オススメの記事

PAGE TOP