ブログ

実家の借地権の処分

【質問】

実家借地での相談です。

親が施設に入り今は地代を支払っているだけで誰も住んでおりません。

この度、荷物等を整理して地主に借地権を返そうと思っているのですが、どのように進めたらよいでしょうか?

私も兄弟も自宅は別に持っており、今後相続になったとしても住む予定は一切ないです。 

 

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

借地権契約書はありますか?

特約事項に記載されている項目があるかもしれません。

 

ただ、借地権の原則は建物所有目的とし土地賃貸借権利です。

借地権自体は借地借家法とう法律に基づいております。

 

地主に借地権を返還する場合、借地借家法第十三条に建物買取請求権があります。 

 

(建物買取請求権)

第十三条 借地権の存続期間が満了した場合において、契約の更新がないときは、借地権者は、借地権設定者に対し、建物その他借地権者が権原により土地に附属させた物を時価で買い取るべきことを請求することができる。

2 前項の場合において、建物が借地権の存続期間が満了する前に借地権設定者の承諾を得ないで残存期間を超えて存続すべきものとして新たに築造されたものであるときは、裁判所は、借地権設定者の請求により、代金の全部又は一部の支払につき相当の期限を許与することができる。

3 前二項の規定は、借地権の存続期間が満了した場合における転借地権者と借地権設定者との間について準用する。

 

借地契約が期間満了により終了しようと、

借地契約期間が残っていようと建物買取請求権は借地権者にあるという事です。 

 

ここで建物買取請求権があるといっても「建物が古くて建物の値段なんてつかないよ」と思いがちですが、

借地権の建物買取請求権は場所的利用価値も含めてのことです。

 

路線価図を見ると借地権割合が記載されていると思います。

借地権割合とは更地評価額の借地権価格の割合のことです。 

 

ですので、建物がどんなに古くても借地権割合の価格は含まれるべきなのです。 

 

ちなみに、地主が借地権者から借地権を無料で返還知った場合は、地主に対して税務署から贈与税が課されます。

借地権という価値ある権利を借地権者から贈与を受けたと解釈されるからではないでしょうか? 

 

また、借地借家法第13条の建物買取請求権を排除する特約事項が借地契約書に記載があったとしても、その特約自体が無効となってしまいます。 

 

借地権自体は第三者へ売却することも可能ですし、ご質問者様がご自身で利用することが無いという事であれば建替えて賃貸等有効活用する事だった可能です。

しかし、その際は地主の承諾が必要になります。 

 

いずれにせよ、一度専門家にご相談されてみることをお勧めします。

 

 

借地権や底地等お悩み等ございましたらお気軽にご相談ください!

 

 株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

0-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 不動産買戻し特約
  2. 人口減での不動産購入
  3. 私道持分無しの契約について
  4. 田舎の一戸建ての相続
  5. マンション購入のローンについて
  6. 初めての家探し
  7. 掲載物件と実際の相違
  8. 買取業者へ売却?リノベ売却?

マンションデータベース


PAGE TOP