ブログ

売買契約の部屋の再内覧

売買契約後に買主に部屋を再度みせる

【質問】

(業者)がリフォーム業者を連れて部屋を見たいというので見せますと仲介の営業担当者から連絡がありました。

その時間に鉢合わせのないようにと言われました。そういうことはよくあるのですか?


引渡し日にはまだ3ヶ月もありますし、手付解除期日もまだ過ぎていません。それに、契約をする前日に買うのを一度やめると言ってきたこともありました。
リフォーム業者を連れてきてって、引渡しのあとにやるものでは?なんだか不安なのですがというと、営業さんはもう契約しているので大丈夫です、駄目なら手付金放棄してもらえばいいので。

と、とても楽観的に言ってきます。これが普通なのですか?

 

 

不動産コンサルタントの回答

【回答】

こんにちは。
不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。


整理すると契約自体は締結してるけど物件引渡し(決済)は終わっていない状態で再度内覧できるかどうか?ということですよね。

契約締結して決済前でも買主は、再度内覧したいという事は良くあります。

引越し前に新しい家具買うのに部屋の大きさ調べたいとかリフォームするのに業者に見積もり取りたい等。

ただ注意点はいくつかあります。

手付解除の有無に関わらず、決済前ですので未だ物件の所有権自体はご相談者様にあります。


まず、契約締結後といえ決済前なので、リフォーム見積もりするのに例えば壁を一部剥がさせてもうとかは出来ません。

ただし、特約事項で決済前の先行リフォーム等の特約で契約締結していれば別ですが。その場合、違約事項等も契約書にもりこんで契約書作成します。


また、決済前ですので買主が勝手に部屋を見るということもしないです。

売主または、売主側仲介業者が立会って内覧すると思います。ご相談者様のリフォーム業者と鉢合わせないように言われているのが分からないですが。

本件のような場合で考えられるリスクは、買主が手付解除して、リフォーム業者が内覧時に部屋の一部を破損させてしまっていた場合どうするかです。

手付解除は、あくまでも契約解除の条項ですが、部屋を破損等は別ですがになるので、担当業者に言われている手付金放棄してもらえればいいというだけでは無いような気がしますが。

ご心配なら売主様も立会ってリフォーム業者と内覧させるというのがよろしいかと思います。

 

 

 

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    問い合わせ内容

    関連記事

    1. 既存住宅状況調査技術者とインスペクターの違い
    2. 借地権売却に必要な書類
    3. 法定更新とは
    4. 不動産会社の選び
    5. 住宅購入時のお金の流れ
    6. 不動産有効活用提案コンテストでのプレゼン
    7. 増築未登記建物
    8. 改正原戸籍とは

    代表者の出版書籍

    オススメの記事

    PAGE TOP