ブログ

住居表示と地番の違い

住居表示と地番の違い

住居表示(住所)と法務局で取得する登記簿謄本に記載してある地番とは何が違うの?

 

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は「住居表示と地番の違い」についてです。

 

お客様から「地番と住所(住居表示)って違うんですか?」というご質問を受けることがあります。

どちらも土地の所在を示しているようで似ていますが、実はまったく違うものなのです。

 

地番は土地に割り振られた番号

「地番」とは「法務局」が決めている「土地」につけられた番号になります。 要するに地番は土地に割り振られた番号です。

一方で「住所(住居表示)」は、「市区町村」が決める「建物」についての番号です。住所は建物の場所を特定するために割り振られた番号です。

新築建物の場合ですと、土地はもとからありましたので「地番」は決まっていますが、「住所(住居表示)」は建物が完成したあとに市区町村が決定します。

そのため、建物完成まで、住所がいくつになるかわからないということもあるのです。 (市区町村によっては、地番をそのまま住所として使う場合もあったりします。)

法務局で謄本を取る場合や、不動産売買の契約書には地番を記入しますが、不動産の広告には住所しか載っていなかったりと、場面ごとに使い分けがされていたりしますので、最初は戸惑うこともあるかもしれません。

統一できれば分かり易いのですが、制度趣旨が違いますし、難しいのですかね。

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    問い合わせ内容

    関連記事

    1. 隣地から土地売却交渉
    2. 強行規定と任意規定とは
    3. 制限行為能力者とは
    4. 存在しない建物の登記簿
    5. 住宅ローン金利の変動要因とは
    6. 不動産を共有名義で相続すると、、、
    7. 路線価とは
    8. 私道持分無しの契約について

    代表者の出版書籍

    オススメの記事

    PAGE TOP