ブログ

住宅ローン利用者実態調査

住宅ローン利用者実態調査

住宅ローン利用者の実態調査結果からわかるものとは?

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「住宅ローン利用者実態調査」についてです。

 

住宅金融支援機構による住宅ローン利用者の実態調査による結果が発表されております。

https://www.jhf.go.jp/files/400352936.pdf

 

参考程度のご確認ください。

 

調査概要

1 インターネット調査
2 調査対象 2019年4月~2019年9月までに住宅ローンの借入をされた方1,548件を調査対象
3 調査実施期間 2020年3月3日~3月23日
4 利用した住宅ローンの金利タイプや住宅ローン選びに関する事項

調査結果概要

利用した金利タイプ

変動型 59.0%
固定期間選択型 26.7%
全期間固定型 14.3%
⇒前年と同様「変動型」が約6割

固定金利選択型(当初の金利固定期間)

10年超 45.7%
10年 32.4%
その他10年未満 4.8%
5年 9.7%
3年 6.8%
2年 0.7%
⇒10年or10年以上で約8割弱

全期間固定型の商品内訳

フラット35以外 33.9%
フラット35 66.1%

世帯年収

いずれの金利タイプも「400万円超~800万円以下」の年収範囲にある世帯が全体の約6割を占める

融資率

「変動型」と「固定期間選択型」は融資率90%超100%以下」で「全期間固定型」は「80%超90%以下」でそれぞれ利用割買いが最も多い。

返済負担率

いずれの金利タイプも、返済負担率「15%~20%以内」の利用割合が最も高い。

利用した住宅ローンを選んだ理由(TOP3)
(フラット35以外の利用者)

・金利が低い

・団体信用生命保険の充実

・住宅・販売事業者の勧め

フラット35を選んだ理由

・返済額を確定しておきたかった
・金利が安い
・フラット35S(優良住宅取得支援制度)

ボーナス返済の利用者減

銀行ローン担当はの話によると昨今の新型コロナウイルスによる影響で、住宅ローンのボーナス返済を利用する人が激減したとの事です。
この夏にボーナスが減ると予想している方が多い業種は、製造業、サービス業、飲食業と言われており、今後ローンを利用される方のボーナス併用払いも減る見通しです。

また、あるアンケートによるとコロナ禍でボーナス返済を後悔している割合は約30%という結果も出ています。

住宅ローン利用者の中には「借金である住宅ローンは早く返した方が良い」という考えを持ち、ボーナス返済で早めの完済を目指す方もいますが、不確実性の高い時代には返済期間はできるだけ長く設けたほうが安全です。

返済期間を長くすることで毎月の返済額を減らすと同時に、手元に現金を残すことができるからです。

手元に現金があれば、急な収入減や出費にも対応することができ、教育ローンやカードローンなど住宅ローンの金利よりも高いローンを利用する必要も減ります。

もし手元に資金が余るようであれば、必要に応じて繰上げ返済をして返済期間を短縮することも可能です。

様々な情報を踏まえつつ、資金計画を立てることをおすすめします。

住宅ローンご相談や不動産売却や住み替えをご検討中であれば一度ご相談ください。お客様の現状を踏まえてアドバイスいたします。

非対面でのオンライン相談も受付しておりますのでお気軽にご相談ください。

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 不動産有効活用提案コンテストでのプレゼン
  2. 物件購入時のリフォーム費用
  3. 住宅ローン金利の変動要因
  4. 借金しての相続対策
  5. コロナ後の不動産市場
  6. 住宅ローンの借入期間の限度
  7. 新築マンションか?中古マンションか?
  8. 住宅ローンの理想的な借入金額とは

オススメの記事

PAGE TOP