ブログ

代襲相続とは

代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは、

相続人が被相続人より先に亡くなっている場合で

相続人の子供や孫または甥姪が相続することです。

代襲相続人の相続分は、法定相続人の法定相続分と同じになります。

(被相続人よりも先に亡くなっていた法定相続人の法定相続分)

ここでポイントは

被相続人の子供が亡くなっていた場合は

その子供(被相続人から見て孫)が代襲相続人となります。

この場合、

配偶者1/2

孫1/2

さらにその子供もなくなっていた場合は、

その子供(被相続人から見てひ孫)が代襲相続人となります。

この場合

配偶者1/2

ひ孫1/2

また

被相続人の子供が相続放棄をした場合、

その子供は代襲相続することは出来ません。

被相続人の第一順位で配偶者以外に法定相続人がいなく

第二順位でも両親祖父母も法定相続人がいない場合は

第三順位で兄弟姉妹が法定相続人となります。

第三順位で兄弟姉妹も亡くなられていた場合に

その子供(被相続人から見て甥姪)が代襲相続人となります。

この場合

配偶者3/4

甥1/4

更にその子供( 被相続人から見て甥姪 )も亡くなられていた場合は、

その子供(甥姪の子供)までは代襲相続人になれません。

また

兄弟姉妹が相続放棄した場合は、その子供は代襲相続することは出来ません。

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 遺産の分割には、、、、
  2. 定期借家契約のメリットとデメリット
  3. 契約自由の原則とは!?一方が有利にならないの?
  4. 一物五価(いちぶつごか)とは
  5. 消費者契約法について
  6. 不動産を共有名義で相続すると、、、
  7. みなし譲渡課税(相続資産の限定承認)
  8. 解除と解約の違い
PAGE TOP