ブログ

不動産を購入する際の仲介手数料の金額

【質問】

不動産を購入する際、仲介手数料が掛かるかと思うのですが、

どの程度の金額が掛かるのか教えて下さい。

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

不動産売買の仲介手数料の基本は下記が簡易式となります。 

売買代金 × 3% + 6万円 + 消費税 

 

例えば、5000万円のマンションを売買したときの仲介手数料は 

5000万円×3%+6万円+消費税8%=1,684,800 

 

上記の計算式はあくまでも計算を簡略化するためのもので本来は国土交通省で受け取ることが出来る報酬額の上限が定められております。

*参照【宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額】

<国土交通省で定められた報酬額> 

200万円以下の金額           100分の5.4 

200万円を超え400万円以下の金額   100分の4.32 

400万円を超える金額          100分の3.24 

国土交通省で定められた報酬額の規定通りに

下記のように5000万円のマンションを仲介した時の手数料額は 

 

(200万円以下の部分) 

200万円×5.4%=108,000円 

 

(200万円を超えて400万円以下の金額) 

200万円×4.32%=86,400円 

 

(400万円を超える金額) 

4,600万円×3.24%=1,490,400円 

 

 

上記金額の合計を足すと 

108,000円 + 86,400円 + 1,490,400円 

=1,684,800円 

 

簡易計算式(3%+6万円+消費税)と同じ金額になったと思います。 

計算がややこしいので簡易式で計算していることが実務では多いです。 

 

 

また、売主が課税業者の場合は、売買金額に消費税が含まれておりますので売買価格から消費税を引いた金額から仲介手数料を計算します。 

例えば、売主が課税業者で5000万円の中古戸建を売買した場合 

販売図面には5000万円(税込)と記載があると思います。 

価格に(税込)と記載があれば売主が課税業者であるとわかります。 

 

例として計算すると 

売買価格5000万円 

内)土地価格3002万円 

  建物価格1998万円 

(内建物消費税148万円) 

*土地価格に消費税は課税されないので土地と建物価格に分けます 

 

建物価格1998万円  建物消費税148万円 =1850万円(建物税抜き価格) 

 

土地3002万円 + 建物1850万円=4852万円 

 

4852万円 ×3% + 6万円 + 消費税8% =1,636,848 

 

仮に土地建物価格の割合が上記のようであれば 

仲介手数料は1,636,848という事です。 

 

 

その他、

購入時に必要な諸費用には仲介手数料の他に登記費用やローン事務手数料等が

必要になってきます。

土地建物購入時の諸費用に関しては下記参照

【【質問】

不動産を購入する際、仲介手数料が掛かるかと思うのですが、

どの程度の金額が掛かるのか教えて下さい。

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

不動産売買の仲介手数料の基本は下記が簡易式となります。 

売買代金 × 3% + 6万円 + 消費税 

例えば、5000万円のマンションを売買したときの仲介手数料は 

5000万円×3%+6万円+消費税8%=1,684,800円 

上記の計算式はあくまでも計算を簡略化するためのもので本来は国土交通省で受け取ることが出来る報酬額の上限が定められております。

*参照【宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額】

<国土交通省で定められた報酬額> 

200万円以下の金額           100分の5.4 

200万円を超え400万円以下の金額   100分の4.32 

400万円を超える金額          100分の3.24 

国土交通省で定められた報酬額の規定通りに

下記のように5000万円のマンションを仲介した時の手数料額は 

(200万円以下の部分) 

200万円×5.4%=108,000円 

(200万円を超えて400万円以下の金額) 

200万円×4.32%=86,400円 

(400万円を超える金額) 

4,600万円×3.24%=1,490,400円 

上記金額の合計を足すと 

108,000円 + 86,400円 + 1,490,400円 

=1,684,800円 

簡易計算式(3%+6万円+消費税)と同じ金額になったと思います。 

計算がややこしいので簡易式で計算していることが実務では多いです。 

また、売主が課税業者の場合は、売買金額に消費税が含まれておりますので売買価格から消費税を引いた金額から仲介手数料を計算します。 

例えば、売主が課税業者で5000万円の中古戸建を売買した場合 

販売図面には5000万円(税込)と記載があると思います。 

価格に(税込)と記載があれば売主が課税業者であるとわかります。 

例として計算すると 

売買価格5000万円 

内)土地価格3002万円 

  建物価格1998万円 

(内建物消費税148万円) 

*土地価格に消費税は課税されないので土地と建物価格に分けます 

建物価格1998万円 – 建物消費税148万円 =1850万円(建物税抜き価格) 

土地3002万円 + 建物1850万円=4852万円 

4852万円 ×3% + 6万円 + 消費税8% =1,636,848円 

仮に土地建物価格の割合がふどう上記のようであれば 

仲介手数料は1,636,848円という事です。 

その他、

購入時に必要な諸費用には仲介手数料の他に登記費用やローン事務手数料等が

必要になってきます。

土地建物購入時の諸費用に関しては下記参照

【不動産購入時の諸費用】

 

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830ー3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 確定測量図とは
  2. 土地売買と測量
  3. 不動産売買について
  4. 取引事例から価値を見極める
  5. どうすれば高く売れる?
  6. 火災保険の選び方
  7. 基準地価とは
  8. 新法借地権と旧法借地権

オススメの記事

PAGE TOP