ブログ

不動産の業界用語

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「不動産の業界用語」です。

 

不動産の契約に関する用語解説

住宅購入をする場合、色々な専門用語が飛び交います。

「バイケイ」の際には「ジュウセツ」があって、

その後「キンショー」契約をして、

それから「ケッサイ」です。

 

もう何のことだかサッパリですね(笑) もちろん、お客様にこんな乱暴な伝え方はいたしませんが。

 

「バイケイ」とは売買契約(又は売買契約書)のことを指します。

住宅を購入します、という契約を売主様と結ぶことですね。

 

「ジュウセツ」とは、

契約の際に不動産会社より重要事項説明というものを行います。

これが「ジュウセツ」です。 その名のとおり、住宅や土地についての重要な事項をお伝えすることです。

 

次に来る「キンショー」とは、

金銭消費貸借(きんせんしょうひたいしゃく)契約のことですね。 これは、「お金を借ります」という契約です。 住宅ローンを利用する方は、銀行などでこの契約を結ぶことになります。

 

そしていよいよ「決済(ケッサイ)」です。

こちらは売主様へ売買代金をお支払し、鍵を受け取る日になります。 この日でついに、購入した住宅が買主様のものになります。

 

長い道のりですね。 実際にはこれら以外にも、リフォームや火災保険の契約があったりします。

弊社では、住宅購入の手続きがスムーズに進みますよう丁寧にサポートさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 地主から地代値上げを借地権者にする場合
  2. 地代の適正価格とは
  3. 住宅ローン金利の変動要因とは
  4. 基準地価とは
  5. 仲介業者の集客から契約までの流れ
  6. 借地非訟(しゃくちひしょう)とは
  7. 新法借地は期間満了後は更新できないの?
  8. 瑕疵担保責任から契約不適合責任へ

マンションデータベース


PAGE TOP