ブログ

ローン完済前の売却

【質問】

住宅ローンが残ったままの売却について。

不動産売却を考えていますが、住宅ローンが完済してなく、こうゆう状態でも、売却できるのでしょうか。抵当権をはずせば、可能と聞いた事がありますが。

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

住宅ローンがあり抵当権が残った状態では、買主に所有権を移せないですが、抵当権が外れれば売却できるという事。ご相談者様のおっしゃる通りです。 

住宅ローンが残った状態で不動産売却するには 

・売却代金で住宅ローン完済できること 

・売却代金よりも住宅ローン残債が多ければ、残債を支払う 

手持ち資金でのローン抹消が出来なければノンバンク等での融資を利用 

 

基本的には、住宅ローン残債よりも売却代金の方が高いことがベストでしょう。また、購入した時よりも売却することで売却益が出るようであれば譲渡所得税がかかりますので、その点も注意が必要です。まずは、住宅ローン残債額と売却の査定額を不動産会社より算出してもらってください。 

 

 

 

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 強行規定と任意規定とは
  2. 解除と解約の違い
  3. 離婚後の共有不動産
  4. 離婚に伴うローン返済
  5. 抵当権の意味
  6. 不動産買戻し特約
  7. 住宅ローン完済後の抵当権
  8. 離婚で共有名義変更

オススメの記事

PAGE TOP