ブログ

この時期オススメ衣類乾燥機

この時期オススメ衣類乾燥機

やっぱりガスがオススメ!!

我家はコンロはIHだけど浴室暖房も衣類乾燥機もガスを利用してます。

オール電化にせず、あえてガス引きました。ガス衣類乾燥機を選んだ理由

 

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、梅雨の時期にオススメな衣類乾燥機についてです。

 

今日は朝から晴れているから外で洗濯物干して外出したら夕方に雨が降ってきたなんてことよくあります。

だからと言って部屋干しもニオイが気になります。

 

衣類乾燥機のメリット

衣類乾燥機のメリットは何といっても雨の日でも洗濯物を乾かせちゃうことです。

また、洗濯物を干す手間が省けるといったことだと思います。

なれた主婦の方でしたら洗濯物を干すのは早いかもしれませんが、

シワを伸ばして洗濯ばさみでつまんで洗濯物を干して、なんて作業は本当めんどくさいなあと何度も思っておりました。(ほとんどは妻がやる事が多かったのですが)。

衣類乾燥機を我が家にも導入してからかなり洗濯の労力が減りました。

洗濯が終わったら洗濯物を洗濯機から衣類乾燥機に移すだけです。

ボタンを押して約1時間くらい?でカラカラに洗濯物が乾いてます。

かなり作業が楽です。

また、何といっても外で干すリスクとしては、風がある日だと埃だったり車の排煙等であったりのニオイがうつることもあって洗濯しなおしなんてことも。

また花粉時期だと花粉をつけてしまうということだって。

かといって

部屋干ししかしないなんて言うのも生乾きだとニオイが臭いし、

洗濯物を室内に干すことで湿気を増やす原因になります。

以前に下記記事でも記載しましたがカビの原因は水分です。

【高気密住宅とカビ対策】

濡れた洗濯物を室内で干すということは、それだけカビの発生原因を作っているということです。

もちろんデメリットとしては、設置コストがかかったり設置場所がとられたりはありますが、それ以上にメリットが大きかったので衣類乾燥機はすごくお勧めです。

【衣類乾燥機メリット】

・天候に左右されず洗濯物干せる

・洗濯物を干す作業工程がないから時間の短縮できる

・室内干しで湿気によるカビ発生リスクを減らせる

・外干しによる砂埃や花粉等が洗濯物に付着を防げる

・洗濯物がふっくらと仕上がります

ガス衣類乾燥機がオススメ

全自動洗濯機に乾燥機能付きが主流となっておりますが、

衣類乾燥機を設置できるスペースとコストを考慮できるのであれば

断然ガス衣類乾燥機がお勧めです。

全自動洗濯機の乾燥機能は電気式です。

電気とガスを比べたときに熱効率が高いのはガスが高いらしいのですが、

私自身は実際に衣類乾燥機で試したことがないので分からないのですが、

浴室乾燥機にも電気式とガス温水式がありますが、断然ガス式の方が温まるのが早かったです。

衣類乾燥機のメリットとして

洗濯物がふっくらと仕上がると記載しましたが、

電気よりもガス式での衣類乾燥機がよりふっくらと仕上がると思います。

実際にガス衣類乾燥機で乾かした洗濯物は、毎回ふっくらと仕上がってます。

メーカーのHPを見てみると電気式と比較して5kの洗濯物を保いた時の時間

乾燥機 乾燥時間
ガス乾燥機 52分
電気ヒートポンプ式乾燥機 162分
電気ヒーター式乾燥機 281分

またメーカーHPに

4枚のバスタオルを天日干しにしたものと全自動洗濯機乾燥機とガス乾燥機の仕上がりのふっくら具合を4枚のバスタオルをたたんだ時の高さで比べていました。

乾燥方法 ふっくら具合(バスタオルを畳んだ高さ)
天日干し 18cm
全自動洗濯機 19cm
ガス乾燥機 21.5cm

電気式の衣類乾燥機に比べるとガス式の衣類乾燥機は、

乾燥時間が短く、仕上がりがよりふっくらと仕上がります。

なので、設置スペースが確保できるのであれば

ガス式の衣類乾燥機が断然にお勧めします!!

ガス衣類乾燥機は、

リンナイの「乾太くん」です。

乾燥機設置する場所までガス配管と排気口の穴をあける工事が必要です。

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 住所の確定方法
  2. 住みたい街に求められる要素
  3. 売却時のリフォーム
  4. 二級建築士の扱える物件
  5. 空家の耐震性と資産性
  6. 外壁塗装の時期
  7. リフォームについて
  8. 不動産業界で働く思い、、、、

オススメの記事

PAGE TOP