ブログ

離婚で姓が変わった場合の登記

離婚で姓が変わった場合の登記

【質問】

2年前に離婚をしました。

元妻を連帯債務者としてローンを組んで購入し、まだローン残が3000万円ほどあります。


不動産屋さんに家の査定だけしてもらい、オーバーローンになりそうですが、親などに援助してもらい、全額返済はできそうです。
家を購入した際、わたしは山田太郎(仮名)で家の登記名義人名も山田太郎で、離婚後、親も離婚をしていたので、母親の姓に変更し、鈴木太郎(仮名)となりました。
そこで、家を売るために今の自分の名前と登記名義人名が異なるため、登記名義人名を今の名前に変更しました。

印鑑証明書なども鈴木太郎に変更しているので売却時に登記名義人名が違うと本人確認の関係で問題があると思い変更しました。


登記名義人名を変更した後にネットで、住宅ローンが残っている場合は銀行に相談なしに変更すると契約違反で即一括返済を求められたりするというのをみて不安になっています。


売るのを前提にし、売却後一括返済が可能であれば何も問題はないのでしょうか?
すでに登記名義人名を変更したことはいつ銀行に言えばいいのでしょうか?

銀行に相談なしに先に名義人名を変更してしまったことは何かペナルティとかあるのでしょうか?

買主の人が現れた段階で銀行に事情を説明したらいいのでしょうか?


わかりにくい文章で申し訳ございません。ご回答よろしくおねがいいたします。

 

 

不動産コンサルティング解決

【回答】

こんにちは。
不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。


ご相談者様が心配しているような、一括返済を求められると言うことは無いので安心してください。

ローン契約時の性と売却時の性が変わっていたとしても本人であることが間違いないのなら、一括返済を求められるということはないです。

また戸籍を取得することで性が変更した事が分かるのでそれで本人確認が取れます。むしろご自身で登記名義の性を変更登記したのであれば司法書士に支払う手数料が安くなったと思います。


参考までに契約時と売却時の登記記載事項に住所や性が違っていた場合、登記名義人と本人であることを確認出来なければ契約しても決済で購入者に名義変更する事が出来ません。

契約上の約定日に決済が出来ないとなれば違約とされる可能性もあります。

では、どうしておけば良いかというと、住所の変更や性が変わった事が履歴を追って確認するための本人確認の書類を取得します。

その書類が住民票だったり戸籍謄本だったりします。
住民票の場合、一つ前の住所地の履歴しか記載されませんので戸籍の附票を取得する必要が出てきます。
戸籍謄本の場合、結婚して籍を入れると戸籍が造り直されます。

厄介なのが夫婦共有名義で不動産購入して、その後に離婚して売却時にお互い再婚していた場合です。

その場合には、お互い戸籍が造り直されてますので戸籍の附票を取得しても購入時の登記事項との履歴を証明出来ません。

その場合には、除籍謄本を取得して履歴を追っていく必要が出てくるという事です。


書類等を事前に揃えて登記記載事項を現時点での内容に変更をご自身でされるなら、その分の登記費用の中の司法書士手数料や安くなりますが、信頼できる方に相談しながら予め確認してもらいながら進めたほうが安心だと思います。
以上、参考までに 

 

 

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. ペット飼育可のマンション注意点

オススメの記事

PAGE TOP