ブログ

耐震等級の違い

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「耐震等級の違い」についてです。

 

最近耐震等級の問合せがありましたので耐震等級と耐震診断の違いの話です。

建物の構造に関する基準として耐震等級があります。

耐震等級

耐震等級は、耐震等級1~3に分けられていて、… 耐震等級3が最高等級となっています。

耐震等級1(*数百年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度6強から震度7程度)地震に対して、倒壊・崩壊しない。

*数十年に一度発生する(住宅の密集する都市で震度5強程度)地震に対して、損傷しない。 )と同程度の建物 耐震等級2 等級1で想定する地震の1.25倍に耐えられる 耐震等級3 等級1で想定する地震の1.5倍に耐えられる

 

耐震等級1の基準が、建築基準法と同等となり、建築できる最低基準となります。

震度6~7程度の地震に対して倒壊や崩壊はしませんが、 損傷の可能性はあると言うことです。

 

ちなみに 長期優良住宅には耐震等級2相当以上の強度が求められます。

 

耐震診断は 既存の建築物で旧耐震基準で設計され耐震性能を保有していない建物を、現行の耐震基準で耐震性の有無を確認することです。

極めてまれな大規模地震に対して、建物の倒壊する可能性がどの程度あるのか、建物の状況を調査した上で計算を行い、耐震性をお知らせするものです。

そこから耐震改修工事をして耐震基準を満し耐震基準適合証明書を発行することが可能な場合は、 住宅ローン減税 登録免許税の減額 不動産取得税の減額 地震保険の割引 などのメリットがあります。

(株)ユー不動産コンサルタントでは中古住宅でも耐震基準適合証明書、既存住宅売買かし保険が付保できるようにご提案可能です。

(ただし、木造住宅の戸建のみ対応可能ですかそれ以外は検討させていただきます) なにか気になる物件がある場合にはお気軽にお問合せください。

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 土地の工作物等の責任【国家賠償法第2条1項】
  2. 路線価とは
  3. 消費者契約法は不動産投資家は適用外
  4. 契約後のキャンセル
  5. 老朽化建物の査定
  6. 盛土と切土
  7. 二級建築士の扱える物件
  8. 住宅ローンの借入期間の限度

オススメの記事

PAGE TOP