ブログ

老後に向けて

【質問】

相続するものがいないので、生きているうちに売却し、老後資金に充てたいと考える。

何歳くらいで売るのが一番良い時期なのか思案している。夫婦とも50代後半。夫は100歳まで生きる予定。

私は80~85歳まで生きるとしてアドバイスを伺いたい。 

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

売却した後の住まいをどう考えるかにもよると思います。 

 

ご所有のご自宅は、夫婦共有名義でしたでしょうか?

仮に共有名義となっていて一方が意思確認が取れないような状況であると売却するにも後見人を立てたりと困難を生じます。 

考え方の一つですが、サービス付き高齢者住宅に住まうというのも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

 

入居出来る年齢は物件にもよると思いますが、入居者同士でのコミュニケーションも盛んでサークル活動が行われていたりするみたいです。

住居スペースも完全にプライベート空間が保たれており普通のマンションと変わりないです。 

高齢者住宅となると要介護者だけが入居するものと思われがちですが、決してそうではありません。

第二の人生を生き生きと過ごすためにも、そういった住まいも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか? 

 

また、いつ売却のタイミングがベストかと言うのは、体力があって体が動くうちにとしか言えません。

ご相談者様は50代後半と言うことで今の時代からすると、まだまだお若い方だと思います。

退職後の受給される年金額や毎月の支出は人によって違うのでご相談者様の状況を何とも判断しにくいですが。 

 

今一度、ご夫婦でどういう住まい方が第二の人生を生き生きと過ごせていけるか話し合われてみてはいかがでしょうか?

それによって住み替えのタイミング(自宅売却の時期)が決まってくるのではないでしょうか。 

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 不動産屋の情報
  2. ローン特約って何?
  3. リフォームについて
  4. 一般媒介か専任媒介か
  5. マイホーム選びのポイント
  6. 地盤が悪い土地
  7. 不動産の媒介契約って?
  8. どうすれば高く売れる?

マンションデータベース


PAGE TOP