ブログ

相続税とは何か

相続税とは、何なのか?

相続税とは、簡単に言うと亡くなった方(被相続人)の財産を受け取る人(相続人)が支払う税金のこと。

では

相続財産が全て税金がかかるかという訳ではなんですね。

それを明確に定義しているのが相続税法なんです。

 

相続税法

(趣旨
第一条 この法律は、相続税及び贈与税について、納税義務者、課税財産の範囲、税額の計算の方法、申告、納付及び還付の手続並びにその納税義務の適正な履行を確保するため必要な事項を定めるものとする。

 

ちなみに亡くなられる前に財産を受け取る場合は贈与税が課税されます。

贈与税も相続税法で条文に説明がされております。

 

相続税は全ての財産および受け取った方全員が課税されるということではなく

基礎控除を超える部分に課税されていくのです。

贈与税も相続税も基礎控除額や税率も違ってきますし

財産によって評価が全く違ってきます。

同じ1億円の価値ある財産を相続したとしても

現金で1億円相続するのと時価1億円の不動産を相続するのとでは支払う税金が違うんです。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

 

関連記事

  1. 遺産分割協議書作成の必要性は無い?
  2. 登記識別情報(権利書)紛失時の3つの対処法
  3. 相続対策3つの基本
  4. 法定相続人とは
  5. 賃料滞納で賃借人が死亡したが相続人もいない場合、、、、
  6. 一物五価(いちぶつごか)とは
  7. 相続人の確認
  8. 相続の承認と相続放棄
PAGE TOP