ブログ

所有者の意思確認どう?

【質問】

売却方法について質問です。

おじいちゃんの家を売りたいので、具体的どうやって売ればよいのかわからない。 

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

少ない情報の中で売却活動前の段取りとしての話をお伝えすると。 
所有権がおじいちゃんにあるということですよね?まずは、おじいちゃんの意思確認が必要となります。

失礼ながら、おじいちゃんが高齢で認知症の症状等があった場合等は、買主が見つかっても所有権移転手続きが出来ないという事もあるからです。

仮にそのように意思確認が取れないような状況であると家庭裁判所で後見人の手続きが必要となってきます。 
 
ご相談者様が窓口になって売却を進めるとなっても所有者の意思確認は必要となります。

売却活動するにあたり問題が無いという事であれば、 
おじいちゃんが委任者となり、受任者がご相談者となる委任状を作成し、ご相談者様が窓口になり売却活動することは、可能でございます。

ただ、その場合でも、決済時(所有権移転手続き時)に司法書士の意思確認が必要となりますので、契約前に意思確認が問題なくても決済時に意思確認が出来なければ所有権移転手続きが出来ません。 


いずれにせよ。

まずは担当者と打合せしながら話を進めるのがよろしいかと思います。 

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    件名

    問い合わせ内容

    関連記事

    1. マンション敷地を第三者へ売却したら、、、
    2. 不動産の今後
    3. 借地権割合は実際の価値とは違う!!
    4. 住宅ローン審査のポイント
    5. マイホーム選びのポイント
    6. 不動産を共有名義で相続すると、、、
    7. 新・旧耐震の見極め方
    8. 不動産業界とIT

    代表者の出版書籍

    オススメの記事

    PAGE TOP