ブログ

外壁塗装の時期

外壁塗装の時期

外壁塗装するタイミングっていつがいいの?

基本的には10年位って言われているけど、そのまま放置し続けたらどうなる?

塗装のタイミングのポイント

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

今回は、「外壁塗装の時期」についてです。

 

中古住宅を購入検討する際に、どうしても気になるのが構造躯体に問題は大丈夫なの?

メンテナンス状況はどうなっているの?

築15年以内ぐらいの戸建であれば、大半の売主様が新築時からメンテナンスを何もしていないケースがほとんどです。

 

見た目は大丈夫でも中身を確認

これから住もうとする買主様にとっては、劣化状況を建築士に確認してもらい、長く建物を維持していく上で、きっちりメンテナンスはしておきたいところ。

メンテナンスは家を持つ上で必要なものであり、見た目に問題が無く、雨漏りがないので今はする必要が無い、という事ではないのです。

中古住宅を検討するうえで大切なのは、メンテナンス状況です。

いくら室内をキレイにリフォームしていても外壁等の劣化状況から雨漏りが発生すると内部まで影響が出てきます。

そこで大切なのは外壁のメンテナンスを行っていくことです。

例えば、外壁塗装をし直さないままでいるとどうなるか?

劣化が進み防水性が保たれなくなってきます。

そこで外壁塗装についての基礎知識です。

外壁塗装の劣化サイン

塗装は、外面に塗膜を造って紫外線や雨水を防いでおります。

ただ、塗装の経年とともに劣化していくものです。

そこで外壁塗装の劣化サインをまとめてみました。

 

1:チョーキング

外壁を手でさわり、白い粉のようなものが付いたら塗装塗膜が劣化してきている状態です。

チョーキングと言われる現象ですが、このまま放置し続けると外壁の色あせや汚れ等も目立つようになってきます。防水性が劣ってきているので雨漏りの原因を作ってしまっております。

今すぐ塗り替えしなければいけないという状況ではないですが、

チョーキングがみられ始めるとシーリングの劣化だったりクラックも見られる箇所も出てきます。ちゃんとわかる方に相談した方がいいかもしれません。

2:クラック

外壁のひび割れをクラックと呼んでます。

クラックの幅が0.3mm以下であれば軽度の補修等で問題ないのですが、それ以上のクラックになると雨水が侵入する危険も出てきます。そのまま放置し続けるとクラックが大きくなり建物構造上の部分にも影響が出てきます。

また、シーリングにクラックが入っているようならシーリング材のうち替えが必要です。特にサッシ周りのシーリング材のクラックは、内部に雨漏りをもたらす原因になります。

3:塗装剥がれ、浮き

粗相がはがれや浮きが出ている個所が見当たれば、劣化し始めている証拠です。塗り替えて経過年数がたっていないのに塗装剥がれが出てきたとなれば、下地処理をしないで塗装したことが原因も考えられます。

外壁にクラックが入ってしまった

外壁にクラックが見つかったら、、、、

家を構成する木やコンクリートはどこかからか持ってきて組み立てるのですが、その組み立てた後でも湿度や温度、気圧など様々な影響で少しずつ動いています。

これが家を建てたばかりの時は顕著に動いてしまうのです。

最高の耐久性(塗料の寿命が長く、長期間家を守ってくれる)を持つフッ素塗料だったとしても、家が動くのを防ぐ力はありません。

つまりどのような塗料を使っても、家の骨組み等が思った以上に動いてしまった場合のクラック(ひび割れ)などは防ぐことが出来ないのです。

大きな地震があった後などもちろん、定期的にクラックが入っていないか注意して早めに気づき、その場に応じたメンテナンスをしていくことが家を長くもたせるための大切なポイントです。

クラックが入ってしまったら、雨漏りの原因になりますので、気づいた時点で早急に対応していきましょう。

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装は何年に一度ぐらいやるのが良いのか?

一般的には、10年~15年以内にやる方が良いと言われています。

但し、塗料の耐用年数等によってもかわってきます。

外壁塗装における耐用年数とは、塗った塗料がどれくらいの期間に外壁を保護してくれるのか、という次の塗り替えの時期の目安を指す事が多いです。

耐久年数などという方もおり、フッ素塗料、シリコン塗料などの耐久性、耐候性が高い塗料ほど耐用年数が長いです。

耐用年数は、シリコン塗料を使うのか、フッ素塗料を使うのかなど、塗料のグレードによって大きく変わりますし、塗装する面がサイディングボードなのか、モルタルなのか、ALCパネルなのかなどの外壁の材質によっても左右されます。

また、旧塗料をしっかりと剥がす作業(ケレン)や、目荒らし、高圧洗浄など、外壁の状態を整える作業を行うかどうかで、耐用年数まで外壁が持つかどうかが違ってきます。

 

外壁塗装放置してたらどうなるの?

外壁塗装を放置していたらどうなるのか?

そおそも何故、外壁塗装する必要性があるか?

防水性を保つという事もそうですが、外壁材そのものの劣化を防いでくれます。

外壁塗装をぜずに放置し続けておくことで外壁材そものものが劣化が進み、

防水性を失ってきます。

外壁材だけで抑えられていれば良いのですが、内部の構造躯体まで雨水が侵入してくると木部を腐らせる原因ですし、シロアリにだって被害が合いやすくなってきます。

塗装の種類によって耐用年数も変わってきますが

定期的なメンテナンスが必要という事です。

当社での売買仲介業務は、

既存住宅状況調査を無料で実施しております。

少しでも安心して中古住宅を購入していただくためにも調査しております。

【当社の特徴】

お気軽にご相談ください。

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 現況測量図とは
  2. 相続した土地を高値売却
  3. 住宅の火災保険について
  4. 販売図面の(税込)表記とは?
  5. 耐震等級の違い
  6. 確定測量図とは
  7. マンションの敷地権
  8. 借地非訟(しゃくちひしょう)とは

オススメの記事

PAGE TOP