ブログ

地盤が悪い土地

【質問】

地盤が悪く周りの家が少し斜めになってます。 
去年の地震により風評被害が多く。。。 
うちの家は大丈夫なのですが、転勤により売却したいのですが一向に買手がつきません。

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

風評被害があると買手の需要にも大きな影響が出てくるのは確かです。

地盤悪い場所で建物建てる場合は、地盤改良し建築するのが一般的です。

特にハウスメーカーで建築した場合、地盤改良したあとに保証つけている場合が多いのですが、地盤改良して建物建てているとする書類が残っていれば、買主にアピールできますよね。 

また、周りの建物傾いていてご相談者様の建物が無事だということも地盤改良して建物建てているということだと思います。 

敷地に余裕がありその場所だけでも地盤調査してみるというのも良いかとは思いますが、数万円ですが調査費用はかかります。 

また、調査会社が運営している簡易的に地盤を調べられるサイトがありますのでそちらも多少参考に、なるかもしれません。 

【地盤サポートマップ】 
https://supportmap.jp/ 

ご相談者様が建物がしっかりしていて買主にアピールしたいということであれば、費用はかかりますが既存住宅状況調査をしてみることをお勧めしております。

建物基本的な建物構造部分と雨水の侵入する部分が対象となりますが、

問題なければ(または問題ヵ所修繕すれば)、既存住宅売買瑕疵保険に加入することが出来るようになります。

既存住宅売買瑕疵担保に加入することで、建物を買主に引き渡した後に保険を付けることが出来るので買主にアピールすることが出来ます。

また住宅ローン控除や登録免許税の軽減が対象でない場合でも既存住宅売買瑕疵担保に加入することで受けられる可能性がありますので大きいメリットだと思います。 

 

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 私道持分無しの契約について
  2. 住宅ローン審査基準:属性審査(申込者の信用)
  3. テラスハウスとは
  4. 私道の物件購入時の6つの注意事項
  5. 良い不動産会社の見分け方
  6. 路線価とは
  7. 未接道の土地活用
  8. 不動産売買契約締結前の事前説明

オススメの記事

PAGE TOP