ブログ

住宅ローンの理想的な借入金額とは

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

今回は、「住宅ローンの理想的な借入額」についてです。

家賃並みの支払いで住宅ローンが組めます!!

それって本当ですか?

 

住宅ローンに関して不思議に思うのが

いくら借りれますか?

この物件でローン組めますか?

等の質問をよく受ける。

 

そういう質問を受けると

その人は家を買うこと自体が目的になっているような気がする。

重要なのはその家を購入することによって家族が幸せになれるかということだと思うんだよね。

 

あなたの年収と年齢に対して住宅ローンをいくら借りられるかは

下記記事で参考になると思います。

[住宅ローン借入限度額]

[住宅ローン借入期間の限度]

 

借入限度額がいくらかということではなく

あなたにとっていくらまでなら借りても大丈夫かということを

考えなくてはならない。

不動産広告の月々●●万円でマイホーム持てます。

というキャッチフレーズは最低金利でローンを組んだ場合で

ずっとその額で返済できるわけではない。

 

住宅ローンを組める金額と組んでもいい金額は違う!!

 

固定金利で借りるというのなら別だが

変動金利が1%未満の昨今では変動金利で借りたがる方も多い事であろう。

また、

よくある不動産屋さんのチラシのキャッチフレーズなんかも

変動金利をもとにして●●万円借りたら、月々返済が■■万円という感じの説明。

 

変動金利で借りた場合で一生涯同じ金利で返済するまで借りられたらいいのだが

住宅ローン金利は経済情勢等によっても左右されるのでライフプランに合わせて将来住宅ローン金利を趣味レーションするというのは

難しいでしょう。

参考までに住宅ローン金利は何故変動するかの要因を下記で説明してます。

[住宅ローン金利の変動要因とは]

 

 

住宅ローンを組まれる際に考えないとならないのは

あなた自身のライフプランによって組んでいい額が変わってくるということです。

そのライフプランが

例えば子供がいる家庭では、大きく変わってくると思います。

 

例えば年間で子供の学校にかかる費用をネット等で記載してあるものを調べて下記記載します。
【公立】(単位:千円)
幼稚園   小学校   中学校   高 校
251   334   472   521

【私立】(単位:千円)
幼稚園   小学校   中学校   高 校
538  1373  1269  1045

 

子供一人当たりに必要な金額です。

もちろん子供によっても趣味や習い事も違ったりしますよね。

休みの日に家族で外出はしないのですか?

クリスマスや誕生日には何か買ってあげたくないですか?

 

 

ローン電卓を持った不動産営業マンから金利0.7%の設定で

「お客様の場合●●万円で組めそうですね」

なんて言葉に惑わされてないですか?

仮に変動金利0.7%で住宅ローンを組めたとして

10年後に子供が中学校入学の時に

0.7%の金利のままだと思いますか?

 

確かに住宅ローン金利がここ何年も低いママが続いておりますが

ずっと低いままで想定して住宅ローンを組むということは避けてください。

収入だって昔と違って右肩上がりに収入が上がっていくということは

今の時代なくなりつつあると思います。

 

公務員だからとか上場企業勤めてるから大丈夫なんて考え方が

今の時代と考え方がマッチしていないと思います。

なので10年後は年収●●万円くらいになっているからというシュミレーションもよくないです。

 

 

マイホーム購入して家族が幸せになるべきがそうならなかったら本末転倒です。

変なキャッチフレーズに騙されないで

あなた自身のライフプランはあなた自信がよくわかっているはずです。

 

少しでもマイホーム購入の参考になれば幸いです。

 

こちらも合わせてご覧になってください!

[住宅ローン審査のポイント]

 

 

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

 

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

関連記事

  1. 住宅ローン控除
  2. 住む街選びのポイント
  3. 不動産価格推移指数【過去10年間】
  4. 建替え承諾とは
  5. インスペクションで行っていること
  6. 宅建業免許が必要な不動産取引
  7. 借地非訟(しゃくちひしょう)とは
  8. 不動産売買仲介手数料計算式

オススメの記事

PAGE TOP