ブログ

中古戸建探しにセルフィン

中古戸建探しにセルフィン

中古住宅を探していると、問題ない物件なの?買っても大丈夫?

そんな不安ってあると思います。でも、全てを営業マンの話をうのみにしていいのか?自分で判断する参考になるヒントが得られます。

 

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

今回は、当社の特徴の一つでもありますAIツールのセルフィンについてです。

【当社の特徴】

 

戸建てはマンションと違い、価格や流動性だけでなく、建物の性能や権利関係、接道状況など多くの検討項目があります。

セルフィンを利用いただければ、誰でも簡単に戸建て住宅の善し悪しを判断できるようになります。

 

中古戸建探しこそセルフィンを利用してほしと考えています。

 

セルフィンとは

セルフィンとは、インターネットの物件広告情報を入力するだけで、

誰でも簡単に価格の 妥当性や物件の注意点など、物件の善し悪しを判断できるWEBアプリです。

セルフィンは、ビックデータやオープンデータをベースに機械学習を繰り返し、不動産 の最適価格やリスクなどを瞬時に判断します。

不動産事業者は良い情報ばかり伝え、悪い情報を正確に伝える事業者が少ないと思いますが、

セルフィンを活用することによって不動産の資産価値やリスクを
AI(人工知能)が瞬時に判定できるようになります。

【セルフィンのご利用はコチラ】

セルフィン

セルフィンの利用方法

メールアドレスだけを登録いただく「メール会員」と、会員登録の手続きが必要な 「正会員」があります。

正会員登録を行うとで提供する全ての情報が確認できるようになります。

調査 結果を保存したり、登録されたメールアドレスにPDFファイルで送信することがもできるようになります。

ネットの物件情報を入力するだけで誰でも簡単に調査ができます

不動産を検討する際にインターネットの不動産ポータルサイトを利用される方が多いと思いますが、間取りや写真など表面上の情報に目が行き、本当に検討すべき情報に消費者が気付くことができていないのが問題だと言われます。
リニュアル仲介が提供しているSelFin(セルフィン)は、専門知識を持たない一般の消費者でもネットの物件情報だけで物件の善し悪しを判断できるWEBツールです。

セルフィンで出来ること

①価格の妥当性
②流動性
③耐震性
④住宅ローン減税
⑤土地の資産性
の5項目について住宅購入の判断材料となる情報を提供

ネット上の物件情報が登録されたら24時間以内にメールでお知らせしてくれるアプリ物件提案ロボの登録によりセルフィンも利用できるようになります。

使い方等の説明はコチラ

物件探しのDIY

物件探しは自ら行い自らある程度の判断がつくようになります。

物件探しがDIY化されるようになります。

これぞという意物権こそは、専門家としてのプロの不動産業者の意見を聞くことが出来るのです。

独自のアルゴリズムで土地価格と建物価格を算出

セルフィンは、一般的な不動産鑑定手法に独自のアルゴリズムを反映して想定価格を算出します。
土地価格は取引事例比較法を中心に、建物価格は耐用年数と再調達価格から算出します。
セルフィンでは一般的な住宅を想定して算出されますので、新築時に過剰な建築費用をかけた物件や売却のために実施されたリフォームなどは評価されません。
また、借地や再建築不可の物件など通常の物件とは判断が大きく異なる物件については、価格算定対象外となりエラー表示されます。

物件のイレギュラー要素をエラー表示します

戸建て住宅ではマンションと異なり、

接道状況やセットバックの有無、建ぺい率・容積率オーバーなど資産性に大きな影響を及ぼすイレギュラー要素も見落とせない重要な情報です。

セルフィンでは土地の資産性の項目で、不動産会社に確認をした方がよい項目についてエラー表示される仕組みになっています。

不動産職人の当社にセルフィンの結果報告書でエラー表示された項目について詳細な説明を求めることで、重要な検討材料を見落とすことなく、安心して住宅購入を進めることができます。

セルフィン登録

開発経緯とWEBアプリについて

開発経緯

例えば住宅ローン減税。

せっかく享受できる減税制度なのだから活用したいものです。

住宅ローン減税には「築後年数要件」というものがあります。マンションなど耐火構造は築25年以内、 木造一戸建てなど非耐火構造は築20年以内でないと住宅ローン減税の対象になりません。

しかし、この築後年数要件を緩和する方法があります。

「耐震基準適合証明書の取得」もしくは「既存住宅売買かし保険の付保」で、築何年でも住宅ローン減税の 恩恵を享受することができるようになります。

しかし、この情報を不動産事業者が正確に伝えてくれないため、 確定申告の時期に住宅ローン減税の申請に行ったら、築後年数要件を満たしていないので住宅ローン減税 の対象外と言われる。こんな不幸な消費者を本当にたくさん見てきました。

プロがちゃんと伝えてくれないの であれば、自衛できる手段はないか?そんな思いでこのセルフインスペクションアプリの開発に至りました。

本アプリについて

本アプリケーションは、人口動態や人口予測等公的なデータをはじめ、各方面からリリースされているオー プンデータ、機械学習を繰り返し、平均像とのかい離の程度を計算し、独自のアルゴリズムに基づいて判定 するものです。

使用データなどについては、常に最新のデータに随時更新していきます。

オリジナルのデータ収集などにも努め、独自の情報収集も進めていきます。またアルゴリズムについても、 なるべく現状に近い判定ができるよう、常に改良を進めていきます。

一般消費者の方でも、およその判断やエラー気に気付くことができるように工夫されています。 住宅購入時や所有中の物件の参考資料としてお役立てください。

建物状況を正確に判定されたい場合は、以下より、建物のインスペクションをお申込みいただけます。

セルフィン登録

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 買取業者へ売却?リノベ売却?
  2. 不動産取引の調査
  3. 所有者の意思確認どう?
  4. 信義誠実の原則
  5. 基準地価とは
  6. 不動産向け貸出残高はバブル期越え
  7. 不動産を共有名義で相続すると、、、
  8. 借地権売却に必要な書類

オススメの記事

PAGE TOP