ブログ

不動産価格の値下がりが心配

【質問】

現在、築十年のマンションに住んでいます。

子ども達が独立してから売却しようかどうか考え中なのですが、どのくらい購入時と比べて値崩れするものなのか分からないままです。

ちなみに我が家は私が結婚する前に夫が新築で購入し、現在はローン完済済みです。

購入時は2千700万ほどだったと聞いています。

最近は開発が進み、空き地だった場所にどんどん新しいマンションが建てられているため、十年後には中古物件の需要がほとんどないのかもしれないという心配もあります。 

【回答】

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

築10年で新築購入しているという事は、

ちょうどリーマンショックの後あたりですよね?いい時期にマンション購入したと思います。

ちょうどそのころは不動産価格が下がっていた時期だったと思います。

その後徐々に不動産価格が上がり始めて今では一部の人達からは不動産価格はピークアウトしているだろと言われているくらいです。 

過去10年の不動産価格指数のグラフと不動産価格推移について簡単にコメントした記事がありますので参考にしてみてください。 

【不動産価格過去10年推移】

さて、

ご質問者様の心配事として、購入したマンション近隣には新チックがどんどん建築されて行って十年後に売却できるほどの需要があるのかどうかという心配ですよね? 

少子高齢化なのにどんどんマンションが建築されて、

時給バランスがだぶついていると考えるのが普通だと思います。

しかしながら、

マンションが建築されているという事は、それけ需要があるといいうことです。

ご質問者様が購入された時期は不動産価格が安い時期に購入されているので今の相場で売却すると恐らく購入価格と変わらないかまたはプラスになって売却できるかもしれません。

しかしながら、10年後の不動産相場がどうなっているかと言いうことはわかりませんが、右肩上がりに不動産相場が上がっていくという事は考えにくいです(今の不動産相場が上がっていったのもいくつかの要因があるのですが、、、)。 

ご質問者様のマンションがどういうマンションでどういうエリアかどうかが分からないので詳細にはわかりませんが。

質問の内容から少なからず、開発が進んでいるエリアでマンション建築需要があるという事は、都心部への通勤に利用するファミリー層が多いのではないかと想像がつきます。

上記を仮定して話をすると、開発が進んでいるエリアは特に需要が増えやすくほかのエリアと比べても不動産価格も上がりやすい傾向があります。

また、10年後に近隣のマンション供給がだぶついていたりしても需要があるエリアであり、かつ、購入した時よりも高く売ろうといった欲をかかなければ売れない事もないのではないかと思います。 

 

 

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. マンションの敷地権
  2. 耐震等級の違い
  3. 購入してはいけない物件をセルフチェック
  4. 買替えでのローン残債
  5. 確定測量図とは
  6. 相続した土地を高値売却
  7. 契約期間満了後の借地権は地主に返還される!?
  8. 媒介契約の必要性について

オススメの記事

PAGE TOP