ブログ

プロパンガスと都市ガスの違い

都市ガス供給エリア外であればプロパンガスの利用になると思いますが、

都市ガス供給エリアであれば都市ガスか?プロパンガスか?どっちがいいの?

 

新築やリフォームする際の参考にそれぞれメリットとデメリットを簡単にまとめたいと思います。

プロパンガスと都市ガスの違いとは?

こんにちは。

台東区上野で不動産問題解決コンサルティング仲介の

株式会社ユー不動産コンサルタント脇保雄麻です。

 

同じプロパンガスの供給エリアでも提供するガス会社が何社も存在します。

提供するガス自体は変わらないのですが、その分の利用サービスが違ったりするわけです。

賃貸アパートでプロパンガスが多い理由は、

ガス会社が給湯器を設置してくれたり各社サービスを提供しているためアパート経営している方にはメリットが多いからです。

実は、その分利用者側にとっては都市ガスより割高になっているのですが、、、、、。

 

今回は、利用者側にとってプロパンガスと都市ガスがどう違うのかを解説です。

 

実はガスの種類も違うのであえてプロパンを好んでい利用したりする人もいるくらいです。

 

プロパンと都市ガスの違い

供給方式の違い

都市ガスは道路地中にガス管が埋設されていて宅内に引き込んでがガスを供給してます。

それに対して、プロパンガスはボンベを宅内に設置してガスを供給してます。

 

災害時の復旧に関しては都市ガスよりもプロパンガスの方が復旧するまでの時間が早いと言われております。

 

原料の違い

プロパンガスはプロパンやブタンを主成分とする液化石油ガス

都市ガスはメタンを主成分とする液化天然ガス

 

熱量と比重の違い

プロパンガスは、都市ガスより熱量が高く、

比重も都市ガスより重いです。

都市ガスは空気よりも比重が軽い

 

プロパンガスは空気よりも重いと言われているため、

ガス警報機の設置場所もプロパンガスと都市ガスでは違うんです。

 

都市ガスの場合は、

設置基準では天井面から30cm(天井面より15cm以上離して)設置することが決められております。

それに対してプロパンガスの場合は、

床面より30cm以内にガス警報器を設置するとされております。

 

 

先ほども説明したようにプロパンガスは都市ガスよりも発熱量が多いと説明しました。

ガスの発熱量は、MJ(メガジュール)だったりKcal(キロカロリー)で表記されていたりしますが、

都市ガスの発熱量が11,000 Kcal/m3に対して

プロパンガスの発熱量は24,000 Kcal/m3

と約2倍の発熱量があるため飲食店舗等ではあえて発熱量が高いプロパンガスを利用するといった場合もあります。

 

 

まとめ

プロパンガスと都市ガスはガスの種類も違えば設置するガス機器の種類も異なってきます。

現在、都市ガス用の機器を設置していてプロパンガスに変更となると利用しているガス機器自体も変更しなければならなくなるため、あらかじめメリットデメリットを比較しながら決めるのがいいと思います。

 

プロパンガス特徴

・ガスボンベを宅内に設置して供給

・災害時の復旧が都市ガスより早い

・空気より比重が重い

・熱量が都市ガスよりも高い

・ガス料金が都市ガスより割高

 

都市ガス特徴

・道路地中埋設されるガス管から供給

・災害時の復旧がプロパンガスより遅くなる

・空気より比重が軽い

・熱量がプロパンよりも低い

・ガス料金がプロパンガスよりも割安

 

以上

参考になれば幸いです。

 

既存住宅の場合の売買調査では、

特に空室になっている住宅の場合は、宅地内にプロパンガスが撤去されている場合が多いです。(空室の場合はガス供給会社がボンベを撤去しまうため)

そのため、

都市ガス供給エリアですがプロパンガスを利用していた場合には、現地を見ただけの判断は難しくなります。

先ほども説明しましたがプロパンガスと都市ガスのガス機器は違いますので

都市ガスが供給されている物件と思って売買したらプロパンガスを利用していた。なんてい場合はトラブルになります。

しっかりとっした調査が必要になってきます。

購入を検討している方で売買物件の第三者的な立場から物件を調査してみてほしいという依頼の相談もお気軽にご相談ください。

 

 

 

————————————————————————–

買換えや売却はどうか?

まずは自分一人で査定額を調べたいという方は、

無料でAIがあなたの不動産を評価してくれます。

だれでも無料で利用できます。

【セルフィン】

セルフィン

不動産に関してのお悩みやご相談

第三者的な立場でしっかりとアドバイスいたします。

まずはお気軽にお問合せください。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

【お問合せ】

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

関連記事

  1. 地震と防災
  2. 街選びと不動産
  3. 民法の3大基本原則
  4. コロナ禍の不動産影響
  5. 台風が発生しやすい時期とは?
  6. 不動産の今後
  7. 不動産売買契約のクーリングオフ適用可否
  8. 防音対策でトラブルを防ぐ

代表者の出版書籍

オススメの記事

PAGE TOP