ブログ

抵当権設定承諾書とは

抵当権設定承諾書とは、

金融機関からローンを借りる際に提供する担保に抵当権設定をすることを承諾することの書類のこと。

 

借地権の売買では、銀行ローンを組む場合は、地主さんから抵当権設定承諾書が必要となります。

金融機関としては、借地権を担保として取るため地主からの抵当権設定承諾書を必須としているところが多い。

とはいうものの承諾書が無くても借地権を抵当権に取ることは可能であるが

多くの都市銀行では承諾書が無ければ借地権のローンは難しい。

しかしながら一部の銀行やノンバンク系金融機関であれば承諾書なしでも借地権で住宅ローンは可能である。

 

地主さんとトラブルになっているような借地権売買であれば

借地権設定承諾書を地主さんから取得するのは難しいでしょう。

しかも承諾書には地主の印鑑証明書が必要だったりしますからね。

 

 

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

 

 

関連記事

  1. 民法の3大基本原則
  2. 新築マンションか?中古マンションか?
  3. 不法行為責任と債務不履行
  4. 隣地境界線での埋設管
  5. 調停と訴訟の違いとは?
  6. ライフプランを考えて住宅ローンを組む
  7. 地面師とは
  8. 消費者契約法は不動産投資家は適用外
PAGE TOP