ブログ

住宅ローン金利の変動要因

住宅ローンの金利が動く要因を知りたくないですか?

どう金利が動いたら住宅ローン金利に影響されるか?

 

参考までに住宅ローン金利の変動要因をお伝えします。

 

そもそも住宅ローンに関わらず、金利は何を基準としてるのかというと

経済情勢や政策金利などによって変わってきます。

 

政策金利とは簡単に説明すると

お金を発券したり銀行に資金供給したりする政府銀行としての役割がある中央銀行(日本銀行)が

民間銀行に貸付を行う時に基準となる金利のこと。

 

各銀行によって貸付金利が違ってくるのは、

政策金利を基準として各金融商品ごとに各銀行が金利を決めているという事なんです。

 

それでは、

住宅ローンの金利は?というと

 

変動金利と長期固定金利で指標とされているものが異なり、指標とされているものが下記となります。

 

<住宅ローン変動要因>

変動金利:短期プライムレート

長期固定金利:10年物国債

 

 

 

 

よく住宅ローンの商品概要を見てみると下記のような説明がされていたりします。

--------------------------------------------

原則的に変動金利は短期プライムレートを基準として住宅ローン金利が変動されており、

年2回金利を年2回見直されます。

 

(注)短期プライムレートとは、銀行が会社に1年未満の貸付を行う時の基準になる金利のことをいいます。

--------------------------------------------

 

住宅ローンの変動金利の動きはやはり気になるところだと思います。

 

政策金利が変動なくても各銀行によって金利が変動することもあります。

 

あくまでも住宅ローン変動要因となる指標の動きが大まかにわかれば

住宅ローンの組み方の参考になるのではないでしょうか?

 

住宅ローンのご相談はお気軽にお問合せください。

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

 

関連記事

  1. 地面師とは
  2. おとり広告とは
  3. マンション敷地を第三者へ売却したら、、、
  4. 宅地とは
  5. ライフプランを考えて住宅ローンを組む
  6. 基準地価とは
  7. 不動産売買契約締結前の事前説明
  8. 宅地建物取引士の役割
PAGE TOP