ブログ

不動産売買仲介手数料計算式

不動産売買の仲介手数料の計算ってややこしいくないですか?

3%と6万円?これって本来の計算式を簡略化しただけなんです。

 

不動産の仲介手数料の基本は、

売買価格 + 3% + 6万円 + 消費税

が基本となります。

不動産会社に仲介手数料は、いくらなんですか?と聞くと、だいたい上記のような説明を受けると思います。

しかしながら、皆さん「6万円ってなんだよ」と疑問に思ったことはありませんか?

 

不動産の仲介手数料は、厳密に言うと国土交通省で報酬額に関して下記のように細かく規定されております。

実は「売買価格×3%+6万円+消費税」というのは、

計算を簡略化するための計算式だったんですね。

 

  200万円以下の金額                  100分の5.4

  200万円を超え400万円以下の金額          100分の4.32

  400万円を超える金額                 100分の3.24   

 

宅地建物取引業者が宅地または建物の売買等に関して受けることが出来る報酬の額

 

 

 

例えば、5000万円の家を購入した場合

 

「売買価格×3%+6万円+消費税」で計算すると、

5000万円 × 3% + 6万円 + 消費税 = 1,684,800円

 

報酬額規定どおりに細かく計算すると、

(200万円以下の金額)

200万円×5.4%=108,000円

(200万円を超え400万円以下の金額)

200万円×4.32%=86,400円

(400万円を超える金額)

4,600万円×3.24%=1,490,400円

上記3つの合計額を足すと、1,638,000円になります。

 

 

仲介手数料ってなんだかすごく計算がややこしいです。

 

株式会社ユー不動産コンサルタント

脇保雄麻

03-5830-3767

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

件名

問い合わせ内容

 

関連記事

  1. 地積測量図とは
  2. 土地の工作物等の責任【民法717条】
  3. FCR(Free-and-Clear Return)
  4. 住宅ローン事前審査での必要書類
  5. サブリース契約の注意ポイント
  6. 相続順位と法定相続分
  7. 民法の3大基本原則
  8. 基準地価とは
PAGE TOP